📝.🗾.ga - 絵文字ドメイン情報メモ

めも.にほん.Get Address
絵文字ドメインに関する情報をまとめています。

CentralNic

2019-03-12

https://www.centralnic.com/

当初は独自ドメインのサブドメインレベルを管理している業者でしたが、
現在は ccTLD と新 gTLD ドメインを管理するレジストリとなっています。

EU.org

2019-03-05

https://nic.eu.org/

1996 年から運用されている無料登録可能なドメインです。
(厳密には .org のサブドメイン)
国際化ドメイン名(IDN)に正式対応し、絵文字ドメインも登録できます。

Cloudflare

2019-03-03

https://www.cloudflare.com/ja-jp/

世界 150 箇所に CDN(Web 公開 サーバ)を構えています。
日本では東京・大阪に設置されています。
これが無料で使用できます。(しかも複数サイト登録可能)
DNS を変更する事に実現し、FTP・メールなどは従来の方法を維持できるのも特徴です。

NS1

2019-03-01

https://ns1.com/

ネームサーバサービスです。
絵文字ドメインを含む国際化ドメイン名を設定できます。

TonicJapan

2019-02-25

https://tonicjapan.🙂.to/

Tonic からリンクされている公認の日本語サイト。
2019 年より 移住ソムリエNPO が運営し、
そのサイトは絵文字ドメインを採用しています。

Google サイト

2019-02-23

https://sites.google.com/
https://support.google.com/sites/answer/9068867?hl=ja

ドメイン名は絵文字ドメイン・Punycode 共に認識します。
Punycode で入れると実際の絵文字ドメインに変換して表示します。
正常に認識しない場合は Punycode で入れてみて下さい。

Tumblr

2019-02-22

https://www.tumblr.com/
https://tumblr.zendesk.com/hc/ja/articles/231256548-カスタムドメイン - 設定方法(日本語)

ブログサービスとして一時期日本でも利用者が多かったサービスです。
現在 TonicJapan が採用しているとおり、絵文字ドメインを使用できます。

忍者ホームページ

2019-02-21

https://www.ninja.co.jp/hp/

公式には日本語ドメインが使用できない旨記載がありますが、
Punycode 指定により、国際化ドメインを使用できます。絵文字ドメインも可能です。
初期登録のサブドメインでは使用できません。独自ドメイン使用時に限られます。

GitLab Pages

2019-02-21

https://about.gitlab.com/
https://docs.gitlab.com/ee/user/project/pages/

GitLab リポジトリを Web サイトとして公開します。

GitHub Pages

2019-02-21

https://github.com/
https://pages.github.com/
https://help.github.com/articles/using-a-custom-domain-with-github-pages/

GitHub リポジトリを Web サイトとして公開します。